異国でコミュニケーション

スーツの人

プロに任せるということ

近年、仕事あるいは会社の所在地をヨーロッパやアジアなどの海外に広げていく傾向が高まっています。日本で生産や雇用を行うことよりも、海外で行った方がコストを減らすことが出来るという点が海外進出の理由となっています。海外に赴いた社員にとって一番の悩みは、コミュニケーションの取り方です。日本語が全て通じるというわけではないため、現地の言語を習得する必要があります。実は、多くの企業では専門の通訳を雇ってコミュニケーションを取っているというケースが多いです。多くの企業が香港で事業を立ち上げたり、ビジネスをしています。香港では日常的に中国語が使用されていますが、中国語の中でも、広東語が香港の都市部で多く使われています。この広東語は、同じ中国語でも言語の構造が全く違うもので普通の中国語を話しても通じないということが多いです。この広東語があるため、業者の通訳が選ばれています。また、一昔前まで香港はイギリスの統治下に置かれていたため、英語を話せる人が今でも多いです。ですので、ビジネスの場においては英語が必要とされる場合もあるため英語を話せる通訳が選ばれています。香港は、現在では国際都市として栄えあらゆる国からあらゆる言語を話す人々が在住しています。そのため、その場に応じた言語を話す必要があるため一人ではなかなか覚えきれないというのが現状です。そのため、香港の通訳もしくは日本で通訳を現地に派遣してコミュニケーションを図っています。