3つの言語が基本

女性

ビジネスの価値を左右する

香港で使用されている言語は英語と中国語です。もともとイギリス領であったため英語が主な言語となっていますが、中国に返還後本土からの移住民も増加している事もあり、中国語が使われる頻度が多くなっています。中国語の基本言語は、広東語です。近年では、北京語教育もなされるようになっているため、北京語も耳にするようになっています。同じ中国語でも広東語と北京語は別な言葉のようなものです。そのため、ビジネスで香港の通訳を行うのであれば、英語と広東語と北京語を話すことができるのが最低条件となります。香港での通訳を依頼するには、この3つの言語を使用できる業者が理想です。しかしどこの国でも同じですが、言語に精通していればその国の通訳ができるというものではありません。地域やエリアによって言い回しなどが異なるからです。そのため、環境や風土などを理解していないと通訳をすることはできないのです。香港の通訳に精通している業者などに依頼する事が最も重要なポイントになります。現地の会社でなくても日本に事務所を持つ会社でも構いません。通訳は場所を問わずにビジネスができる業種だからです。ビジネスにおける通訳は、契約書や各種マニュアルなどを担当することになります。これによってビジネスの価値を左右させることも想定させるため、単純に言語の置き換えではないことを認識しておく必要があります。価格より質で判断することをおすすめします。